TIME de Tadano-Oyaji
プロフィール

ただのオヤジ

Author:ただのオヤジ
50歳で始めた、へなちょこオヤジのチャリンコ奮戦記です。NEWマシン“TIME de Tadano-Oyaji号”と“ゆかいな仲間”でポタリング&ロングライドを楽しんでいます。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Giro d' Naoetsu ② 本番編パート(2)

さて昨日の続きです・・・かなり古新聞になりましたが気にせずいきましょう!

いよいよ“Giro d' Naoetsu”も長野県に入り、後半戦に突入します。
026いよいよ長野県です

苦しい苦しい、山登り(ヒルクライム)が終り、ここからは下りだ〜! っと思いましたが、すぐに軽井沢駅に到着です。若干下っていますが、ダウンヒルではありませんでした・・・残念がるオヤジ・・・一気に疲れて軽井沢駅前のベンチでしばし休憩をとりました。 ここで買っておいた大福やらまんじゅうを一気食いというかやけ食いしました。それくらいダウンヒルに期待していたのに・・・返す返すも残念です・・・このあと尾を引いて走りがダラダラになるダメオヤジでした。

てなことで、元気が出ないまま出発します。

027軽井沢はパスしR18からK80浅間サンラインに入ります、下り基調です
R18からK80に移ります。 事前の調査で(オヤジもたまには事前調査するんですね・・・)、この「浅間サンライン」が走りやすく、しかも下り基調であるとのこと・・・期待して走ります。

浅間サンラインは、R18よりは少し山寄りを走るため標高も少し高く見晴らしがとてもいいですね。但し、オヤジはR18を走ったことがないので比較できませんが・・・いずれにしても皆さんのブログにあったように、下りが多く更に道が広くキレイで、とても快適でした。ずっと下りではありませんでしたが・・・当たり前ですね!

てなことで気分良く走っていましたが、小腹が空いてきたので(さっき軽井沢で食べたはずだが・・・)、休憩場所を探しますが、この道は店が見つかりません。しばらく走って東御市に入ってすぐに、ありましたよ!
028東御市の雷電くるみの里で大休憩
道の駅風の「雷電くるみの里」でござんす。 ここで少し早めの昼食を取りましょう!

029江戸時代?のお相撲さんですね
雷電=江戸時代?の強いお相撲さんですね!

※ちょっとだけ調べたので、ご紹介します。
  雷電 爲右エ門(為右衛門、らいでん ためえもん、1767年 - 1825年4月9日(旧暦2月21日))は、
  信濃国小県郡大石村(現・長野県東御市)出身の元大相撲力士。現役生活21年、江戸本場所在籍
  36場所中(大関在位27場所)で、通算黒星が僅か10・勝率.962で、大相撲史上未曾有の最強力士
  とされている。
凄い力士さんだったのですね。

030自販機も雷電
なんと自販機も雷電ずくしですね(笑)

ここ雷電くるみの里の食堂でいただきました、
031天ぷらそばを戴きました
なんの特徴も無い、ただの「天ぷらそば」でございます。 そういえば名物がなかったような???
味もごく普通でしたが、麺はちょっと美味しかったかな?

032定番のソフトクリームも頂きです、新製品ぶどうのソフト
併せ定番のソフトクリームも食べました。 ここの名物はくるみ味のソフトらしいのですが、ちょうど新発売のぶどうのソフトを販売していましたので、そちらをゲットしました。
お腹も一杯になりましたので「雷電くるみの里」を後にします。

またまたR18に戻り、お昼前には上田市に入りました。
033上田市でR18に戻り、またまたセブン休憩、ミニストップない、上田上塩尻店12時40分
今回のライドでオヤジの定番になりましたセブン休憩を取ります。写真は写っていませんが、セブン上田上塩尻店です。時刻は12時40分です。

しかし、R18に入ってからというか高崎に入ってから、ミニストップが全然見当たりません。ご存知のようにミニストップは店内にテーブルと椅子が用意されており、食事ができるようになっています。今回のライドはコンビニ中心で行動しているため、ミニストップ大歓迎なのですが・・・長野県、新潟県はミニストップは見当たりませんでした。やはり、メジャーなセブンさんかローソンさんも店内くつろぎスペースを是非ご用意頂きたいものです。

赤コーラと中華まんを補給し出発します。
034出発しR18を千曲市、長野市と北上します
そのままR18を千曲市、長野市と北上します。

035千曲川沿いに面白い橋と形の良い山をパシャ
千曲川に掛かるちょっとレトロな橋と形の良い山が見えましたので、走りながらパシャ!

約2時間走行しましたので、ここらで休憩をとりましょう。
036今度はローソン休憩、長野積保店15時30分
またまたコンビニ(セブン)休憩、場所は長野積保店、時刻は15時30分です。

夕方になってきて少し肌寒くなってきたのと、これから最後の難関である県境(長野県から新潟県)越えを前に、アームカバーを装着します。
037更にR18を新潟方面へ、黒姫越えルート
このままR18を進み、県境越えは“黒姫越えルート”とすることにしました。 前方のうっすらと見える山でしょうか? 最後の拷問ですね。 山の中へ入って行きます。

038高崎から146キロ
途中、ログハウスのお店がありましたので少しの時間見物、高崎から146㌔だそうな!

そして、ダラダラと続く上り坂、ここまで約270〜280㌔は走っており結構、へろへろオヤジに成り下がっていました。
039標高は700mくらいですが、結構キツイ、長い、寒い気温は13℃、本日写真おしまい、ここから悲劇が・・・
しかも気温は13℃と急激に冷え込んで参りました。
このあと峠を越えて、後はゴールまでのダウンヒルを楽しもうと思っていましたが、夜になりしかも雨まで降り始めましたorz  ここから「地獄のダウンヒル」の始まりです。写真もこの1枚で終了! あすの朝まで撮っていませんので、ここからは文章のみで・・・・・・

峠を越えたのは17時30分くらいだったでしょうか? 越えてすぐに雨が降り始めましたので、ウインドブレーカーを着込みました、更にグローブも指きりタイプから指きりでないタイプへ変更しました。・・・グローブとアームカバーとウインドブレーカーを持っていっていましたので助かりました。 しかしダウンヒルは始まっていましたので、足先が寒いのと下半身が風よけがないため震えます。 更に雨が強くなってきましたので、アイウェアが雫で見えづらい、ライトは3灯ですが暗さと雨で前方が見えづらい、などなどの要因が重なりました。

おまけに、あろうことか延々と下りが続きます。潤覚えですが、30㌔〜40㌔は延々と下っていたような・・・てなことで、ペダルは漕ぎませんので躰がどんどん冷えていきます。 更にカーボンリムはブレーキを掛けすぎると効かなくなると自転車屋の店主さんに教えてもらっていましたので、ブレーキの回数は少なくしようと心掛けますが、「スピードが出てしまう〜!」状態で、泣きそうなオヤジになってました。 車でいうところのポンピングブレーキ状態でしたね。

この雨と山の中、車も少なかったため、本当に真っ暗で☂は降る寒いの条件がバッチリ重なった状況でした。しかも下りです・・・晴れた日でしたら素晴らしいの一言でしょうが・・・残念です・・・

てなことで峠を越えて、延々と50㌔近く走り、ようやく上越市内に到着しました。 徐々に明かりが増えてきたときには、ニコニコ顔のオヤジがそこに居たと思いますね! 鼻歌(雨に唱えば!)を歌いながらゴールの直江津駅に到着、写真を撮ることも忘れて自転車で5分くらい走ったところにあるホテルに到着しました。時刻は19時30分くらいだったでしょうか?

駐車場で自転車を輪行袋に詰めます・・・久しぶりの輪行袋なので、入れるのに苦労し30分以上かかりました

なんとか収納し、チェックインを済ませ部屋に入ります。 さあ!ここからがまた大変です。 まずは食事ですが、ホテルにあるラーメン屋は20時で閉店とのこと、周りに食事するところはなし、結局近くのローソン弁当にしました・・・というか選択肢がそれしかない・・・コンビニオヤジの一日でした。 あとは、自転車の軽い掃除、コインランドリーがありましたので、今日着たサイクルウェアの洗濯&乾燥と気が付けば23時近くになっていました。

雨と寒さとダウンヒルで疲れはてたオヤジは、明日の長野までポタって長野新幹線で帰京するのを諦めて、直江津から湯沢経由上越新幹線で帰る事を強く決心して、いつの間にか寝ていました。 ☆GOODNIGHT☆(;д;)

040翌日撮りました、ホテルα1上越
宿泊したホテル「ホテルα1上越」・・・翌朝の撮影です!


<今回の走行実績>
Garmin記録






ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

THEME:自転車 | GENRE:趣味・実用 |

COMMENT

おつかれさまでした!

何も考えず、軽井沢からひたすらR18を走ってしまいましたが、浅間サンラインという道もあったんですね。景色が良いのはいいですね~。
直江津から輪行帰宅前に銭湯に立ち寄りましたが、確かα-1の隣りでした。
次回は別ルートでチャレンジ?

ららぽのある街から、お疲れ様でした。
宿泊して、帰路も自走だったら…もっといろんな経験が出来たでしょうね(^^;;
また行きましょう、集団で宿泊も面白そうデスよ!

直江津、お疲れ様でした!

直江津お疲れ様でした。
さすがに走りごたえあったでしょうねえ。
いつかはやってみたいです。碓氷峠くらいは
来年には・・・と思っていましたが、ずいぶんと先を
越されてしまった感じです。
軽井沢まで行ってしまうと、その先って意外と下り基調な
んでしょうか。それなら、なんとなく行けそうな気がしない
でもないですが、おしりが持ちこたえるかどうか・・・

さて次どこでしょう?どのあたりを目標にされてます?

Re: おつかれさまでした!

T.Aさん、こんばんわ!
私もあまり考えずに走っていましたよ!
でも、たまたまこの浅間サンラインの載ったブログを見まして、
行ってみました。ブログでも書きましたが、R18は走ってませんので比較はできません。
でも、景色と道幅は良かったですね~。
たしかに銭湯ありましたよ。ホテル宿泊者には無料だったような・・・
オヤジは疲れて部屋の風呂にしましたが・・・
次回は別ルートでご一緒しましょう!

Re: タイトルなし

araitaさん、こんばんわ。
思いつきとはいえ、我ながら呆れています。
300㌔はなかなか走る機会がないので、来年くらいにはチャレンジと
思っていましたが、こんなに早くチャンスがくるとは予想外でした。
宿泊ポタもいいもんですよ。
来年は集団で宿泊ですね!

Re: 直江津、お疲れ様でした!

Tomyさん、こんばんわ。
今日は一日中雨でしたね。
さすがに今日は大人しくしていました。

直江津、走りごたえ充分ですね。300㌔オーバーですから・・・
碓氷峠は比較的、楽みたいですから(オヤジにはキツイ坂にしか見えませんが・・・)
Tomyさんだと楽勝?ですか?
軽井沢からは下り基調ですが、新潟との県境はまた登りですね。
高さはありませんが、距離を走っているので脚にきますね!
おしりは何とか持ちこたえられました。

さて次はどこにしましょう? 名古屋方面ですかね? それとも伊豆一ですかね?

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。