TIME de Tadano-Oyaji
プロフィール

ただのオヤジ

Author:ただのオヤジ
50歳で始めた、へなちょこオヤジのチャリンコ奮戦記です。NEWマシン“TIME de Tadano-Oyaji号”と“ゆかいな仲間”でポタリング&ロングライドを楽しんでいます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイズ合わせポタ Step2

今日は、ずっと会社内にいましたので(会議漬けの一日でした・・・疲れた〜! (o´Д`)=з)、外の様子が全くわからない一日でした。 で、19時30分位に帰宅しました。 いつものように最寄駅からのジテ通です。なんか道路が濡れてましたけど、ららぽのある街は雨が降ったようです。天気予報によると、明日・明後日は☂ですが、週末は曇りとのことです、なんとか一日は乗りたいですね・・・

てなことで昨日の続きを・・・
若洲辺りをウロウロしていまして帰ろうと思ってのですが、
012若洲公園内CR
若洲公園内です。

どうもハンドルがしっくりこない・・・微妙に回転します・・・カスイチの時と同じ状況です。
しっかり締め込んだはずなのに・・・???
シフター位置を上向きにして乗りやすくなったのですが、ハンドルが動いてはどうしょうもありません。
ここでいい加減なオヤジです・・・まっ!いいか! どうせ仮のサドルでお尻も痛いし、これから自転車に行って相談しましょ! と軽いタッチです。 てなことで、先週に引き続き「買ってもいないのに相談にのって戴ける素晴らしい自転車屋」に行くことにしました。

若洲からR357をびゅ〜んとららぽのある街へ向かいました。

てなことで、
まずは、いきなりサドルを購入しました。
CONCOR_2.jpg

SANMARCO CONCOR RACING ARROWHEAD(サンマルコ コンコール レーシングアローヘッド)
当然色は黒です。

ついでにヘルメットも購入します。

ラス アヌビ ヘルメット(LAS ANUBI)です。サイズはSです。
店主さん曰く、Derosaチームが被ってました・・・買いです!

若い店員さんに、サドルをセッティングしてもらいました。
もちろんサドル高は69cmです。

待っていると、若い店員さんが店主に何かしゃべってます。
「何かありましたか?」と尋ねると、若い店員さんが「シートポスト締め過ぎでは?」と聞かれました。
オヤジは???です。 どうも締めすぎて、クランプのネジ部分のワッシャーが潰れかけてるとのことです。
大事には至りませんでしたが・・・何となく嫌な予感が・・・
そこでオヤジ「ハンドルが微妙に動くのですが・・・」
若い店員「これは完全に締め過ぎですね!」「食い込んでます!」
オヤジ「そんな・・・トルクスレンチで締めたのに???」
若い店員「カチッとなってから締めたらダメですよ!」
オヤジ「むむっ!自信がない!」

てな会話があり、ついでに「えぃ〜!やけくそだ!」と焼け気味に「おすすめハンドルは?」
と尋ねたら、アルミを勧められました。


3T ERGOSUM PRO 400mm です。

沢山の買い物をしました。
ついでに長男のママチャリ用のタイヤ+チューブを1セット購入しました。(後輪のタイアが穴あき状態でした)

沢山買い込んで、タイヤは背負い、ヘルメットは旧を処分してもらい、ハンドルは新品をヘルメットの袋に入れて慎重に運転士して(家まで約3〜4キロ)帰還しました。


001お世話になったヘルメット  002お世話になったヘルメット2
お世話になった、今は亡きGIROのヘルメットです・・・銚子CRのゼッケン&リボンが痛々しいです。

003新メットSVT
こちらはニューヘルメット「LAS ANUBI」 同じ色合いですね!

008サンマルココンコール  009Sanmarco_Concor.jpg
こちらは新サドル「サンマルコ コンコール レーシングアローヘッド」

最後にハンドルです。
今まで使っていました「FSAカーボンハンドル」です。
004カーボンハンドル締めすぎ
わかります? ステムで締め付けた跡が食い込んでます。使えない事はないそうですが・・・
因みに幅はC-Cで400mmです。

ということで、取り替えます。
005新ハンドル3T_ERGOSLIM_PRO
「3T ERGOSUM PRO」です。

006取り付けました  007バーテープを巻きました
早速、取り付けて、バーテープを巻きました。 巻き方も板に付いてきたのか、上手に出来ました。

明日(日曜日)はあまり時間がないけど試走だ!

またまた続くです。 スイマセン!



ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT

No title

カーボンハンドルはあまりいじりすぎるとこのような結果になる訳ですね。
私のアルミバイクには、3Tのカーボンハンドル、シートポストを装着していますので、注意したいと思います。
ハンドルの交換は、結果的に良かったんじゃないでしょうかね。
今回の形状は、アナトミックシャロウでしょうか?日本人の小振りな手にはあっているんじゃないでしょうか。
私も最近、ちょこちょこっとポジションいじっています。
感覚でですが(笑)
サドル高さは、69cmという事ですがまた下寸法と掛け率による設定であれば、その高さが一番高い場合という事になりますよね。
乗りながら数ミリ下げる方向で調整すればよいのですが、69cmよりも上げることはくれぐれもしない方が良いですよ。

Re: No title

araitaさん、こんにちは!
そうなんですよ、カーボンハンドルは微妙ですね、自転車屋に聞くとアルミを勧めているみたいです。カーボンハンドルはプロでも調整が難しいのでしょうね。
araitaさんも、くれぐれも締めすぎには注意をしてください。
アーレンキーの端を持って締めるのではなく、根元を持って締めこむのが良いみたいです。

ハンドルの形状は、アナトミックシャロウかは良く分かりません。すいません!コンパクトタイプで最近の流行りとのことなので、おそらくアナトミックシャロウだと思いますが???

サドル高を含め、ポジションについてはこれからちょくちょくいじっていこうと思います。
最適ポジションを見つけようと思います。が、乗り慣れると前傾位置とか変わるらしいので、ポジションも変わっていくみたいですね!

また自転車が楽しくなりそうです。でも出費も多いです(涙)

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。