TIME de Tadano-Oyaji
プロフィール

ただのオヤジ

Author:ただのオヤジ
50歳で始めた、へなちょこオヤジのチャリンコ奮戦記です。NEWマシン“TIME de Tadano-Oyaji号”と“ゆかいな仲間”でポタリング&ロングライドを楽しんでいます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初詣ポタご案内 & DeRosa Avant 組み上げ(Ⅳ)

=新春初詣ポタ“TEAM @40K/h??”のご案内=

たいへんご案内が遅くなりましたが、以下の通り新春走行会を実施しますので、
皆様方、奮ってご参加ください。

◆実施日  2013年1月5日(土) 終日
◆集合時間 8時30分
◆集合場所 手賀沼 道の駅しょうなん
◆目的地  香取神社・・利根川CRを利用?し、片道約50kmです

※詳細は、ベテランTOMYさんがご案内します。
※前日までに出欠の連絡をお願いします。
※当日は、初詣です。ヒルクライムではありませんので、あしからず・・・(笑)
 小銭(お賽銭)を忘れないように!


------------------------------------------------------------------------------

それでは、DeRosa組み上げ編をお送りいたします。
今日は、かなりの長文(写真多し)になりますので、退屈な方は遠慮なさらずに退出下さい。

<第4章>ハンドルバー&シフターの取付け、ワイヤー張り

[ハンドルバーを取り付ける]

“DeRosa Avant”少しずつ形になって来ています。今回は、ハンドルを取り付けます。
選んだハンドルは、FSAのK-FORCE CARBONです。
①001ハンドル

①002ハンドル

DeRosa Avantのフレーム&付属のFSAシートポストに合せ、黒のカーボンハンドルを選択しました。
上部の真っすぐな部分は扁平に潰され、裏側にはアウターワイヤーの為の一本溝が有ります。
①003ハンドル

重量は260gと軽量です。
①004ハンドル

①005ハンドル

選んでいるステムも、FSA OS-99 のブラックです
①006ステム

①007ステム

まず、クランクボルトを外します。ボルトはステンでしょうか? 確証はありませんが、そんな雰囲気です。
アーレンキーは、4mmを使います。
①008ハンドル取付け

①009ハンドル取付け

クランプ部の蓋が外れました。
①010ハンドル取付け

ハンドルをクランプする部分、ここは埃が付着し放題ですので、グリスを塗っておきましょう。
腐食防止です。
①011ハンドル取付け

①012ハンドル取付け


ハンドルを取り付けます。
一箇所を一気に締めるのでは無く、少しずつ同じ量を締めていきます。
①013ハンドル取付け

①014ハンドル取付け

このハンドル、使い易いといいですね!
①015ハンドル取付け

①016ハンドル取付け


[シフターを取り付ける]
DeRosa Avantには、カンパニョーロのコンポを選択しています。
取り付けたハンドルに、シフトレバー(Ergopower/エルゴパワー)を取り付けます。
②001シフト

②002シフト

②003シフト
“Campagnolo RECORD 11s Ergopower Ultra-shift”
カンパのエルゴパワーの登場は、1992年の事らしいです。シマノの“STI”に対抗し開発されたようです。

エルゴパワーの取り付けには、ブラケットカバーを大きくめくる必要が有ります。
ハンドルクランプの締め付けネジは、トルクスレンチT25が必要です。
②004シフト取付け

②005シフト取付け

じゃあ、ハンドルに取り付けましょう。クランプ金物を外し、ネジにグリスを塗っておきます。
②006シフト取付け

②007シフト取付け

②008シフト取付け

クランプをハンドルに通し、レバー位置まで運びます。
このクランプには ↑ 印が刻まれており、それを上に向けて装着します。
②009シフト取付け

②010シフト取付け

クランプにレバーを取り付けます。
トルクスレンチを使いますが、ブラケットカバーが邪魔になるので、やりにくいです。
ネジの頭を舐めないように注意する必要ありです。
②011シフト取付け

②012シフト取付け

レバーの位置ですが、ブラケットの上部とハンドルのラインと一直線になる位置にしましょう・・・適当!適当!
②013シフト取付け

②014シフト取付け

②015シフト取付け


さてここまで進みました。
この後の作業は、ワイヤの取付け・取り回しです。 


[アウターワイヤー]

ブレーキとシフトのアウターワイヤーの長さを決めます。
確実な操作が出来かつ見た目も重要なため、慎重に作業?します。

カンパニョーロのワイヤーセットです。
③001ワイヤー

③002ワイヤー


作業を始めます。エルゴパワーです。
ブラケットのパッドをめくります。黄色の樹脂が見えていますが、ここがシフトワイヤーを装着する所です。
④001アウター

カンパのエルゴパワーは、この様にハンドルの外側と内側のいずれかに、ワイヤーを通す事が出来ます。
④002アウター

④003アウター

レバーの内側にあるのが、ブレーキワイヤーを装着する穴です。
④004アウター

さてアウターワイヤーを、エルゴレバーからフレームのアウター受けまで、仮に這わしてみます。
ここで、ハンドルを一杯切ってワイヤーが引っ張られていないか確認します。
必要以上に余裕を見る必要は有りませんが、ハンドルを一杯に切れる長さがあれば良いでしょう。
④005アウター

④007アウター

フロントのブレーキワイヤーは、ハンドルとは関係有りません。見て綺麗な長さで良いでしょう。
④008アウター
 
じゃアウターケーブルを切りましょう。
④009アウター

ブレーキ用のアウターワイヤーは、専用工具で切っても、切り口は平らではありません。
④010アウター

切り口にヤスリを掛けます。 
④011アウター

これですっきり完了。
④012アウター

ブレーキワイヤーはこれでいいかな。白いテープは仮止め用です。
④013アウター

リアブレーキのシート部。
ここは意外と目立つので、アールを綺麗に出します??
④014アウター

さてシフトワイヤーも同じ手順で確認をしながら、長さを決めました。
左右が同じ形におさまり綺麗に決まりました。
④015アウター


[インナーワイヤー]
作業の左右が入混じっていますが、作業自体は同じですので、あしからず・・・

カンパのエルゴレバーのインナーワイヤーを通します。まずはブレーキからです。
前回、長さを決め仮止めしておいたアウターワイヤーを一旦外します。
⑤001インナー

アウターの内部にスプレー式のグリースを注入します。
⑤002インナー

インナーワイヤーはカンパの純正です。事前にグリースを塗っておきます。
インナーには、シフト用とブレーキ用が有り、太さと先端のタイコの形状が異なります。
ブレーキは左側の頭が大きい方を使います。
⑤003インナー

⑤004インナー

エルゴレバーを正面から見て、レバーを一杯に引きます。
そこに見えるのがタイコの装着部、ここからワイヤーを入れます。
⑤005インナー

⑤006インナー

そのワイヤーが出て来るのが、この部分。レバーの内側です
⑤007インナー

ワイヤーを入れます。先程の所から出て来ました。
⑤008インナー

⑤009インナー

グリスをインナーワイヤーやタイコに塗っておきます。
⑤010インナー

インナーワイヤーにアウターを通し、アウターの先端はブラケットの穴に奥まで確実に差し込みます。
⑤011インナー

⑤012インナー

こことここを通していきます。
⑤013インナー

⑤015インナー

ブレーキ本体のアジャストボルトでアウターを受けます。
⑤014インナー

ブレーキ本体のワイヤークランプ部で使うのは、5mmのアーレンキーです。
⑤016インナー

⑤017インナー

長いワイヤーも次の作業の邪魔にならない様に巻いておきます。
⑤018インナー

ここまでが、ブレーキワイヤーの一連の作業で、右側もする事は同じです。
次はシフト用インナーの通し方をご紹介しましょう
  
左側のレバーです。
ブラケット内側のレバー(下げるだけの操作レバー)、このレバーを押し込む事でワイヤーが緩みます。
これは、左右一緒です。ワイヤーを装着する前に、このレバーを押し込む操作をし、ワイヤーが一番緩む
状態にします。
⑥001シフトインナー

ブラケットの下の穴、ここからインナーワイヤーを入れます。ちょっと入れにくいです。
下から差し込んだインナーワイヤーは、この黄色い部分に出てきます。
じっくりやることがコツかな?
⑥002シフトインナー

⑥003シフトインナー

上部に出て来たインナーワイヤーは、ハンドルの外側と内側のいずれかへ出す事が出来ます。
今回は、ハンドルの内側を通していきます。
⑥004シフトインナー

出て来たインナーワイヤーにアウターを通します。
⑥005シフトインナー

この部分にはアウターキャップが必要です。
⑥006シフトインナー

ワイヤーリードを通します。
⑥007シフトインナー

⑥008シフトインナー

フロントディレラーに向かいます。フロントディレーラーのワイヤークランプはここです。
⑥009シフトインナー

⑥010シフトインナー

ワイヤーを軽く止めておきます。
長さ調整や締め込みは、変速機の調整の時に行いますので、この段階では仮止めにします。
⑥011シフトインナー

右側のレバーもワイヤーの経路が多少違うだけで、レバー部のワイヤーの通し方は同じです。
⑥012シフトインナー

インナーワイヤーを通し終わったら、アウターケーブルをビニールテープでハンドルに止めます。
⑥013シフトインナー

これでカンパニョーロのエルゴパワーのワイヤーラインの作業が終わりました。
⑥014シフトインナー


長々とお付き合い下さいまして、有難う御座いました。
いよいよ次回は完成!・・・の予定です



ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

おはようございます。

ご連絡ありがとうございます。
初詣ライド、参加させていただく予定ですので、ヨロシクお願いします!

アバント間に合いそうで何よりです。
初走行は5日ですか?
ロードの組み付けは、おそらく自分には一生無縁だけど、たくさんのフレームやパーツの写真に萌えました。笑

Re: おはようございます。

おはようございます。
昨夜は、夜中まで組み上げていました。
ほぼ出来上がりましたので、本日最終をアップしますが、
突貫工事のため、かなり端折ることになるでしょう(笑)
今日、夕方から家内の実家(奈良県)に帰省しますので、
初乗りは、出来れば帰宅する4日にしたいのですが、
5日ぶっつけ本番になるかもです。

部屋が汚くて、恥ずかしいです。

では初詣ライド、宜しくお願いします!
よいお年を!!

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。