TIME de Tadano-Oyaji
プロフィール

ただのオヤジ

Author:ただのオヤジ
50歳で始めた、へなちょこオヤジのチャリンコ奮戦記です。NEWマシン“TIME de Tadano-Oyaji号”と“ゆかいな仲間”でポタリング&ロングライドを楽しんでいます。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初ブルベ出場・・・BRM0510千葉200km(大子) 【スタート~PC2~シークレットポイント編】

この土日で引っ越ししました。
ブログ更新(初ブルベ参戦編)が途中で止まってしまいました^^; 何とか先週中に完結させようと思っていましたが・・・先週は、火曜日から帰宅後に荷造りを始めました。単身赴任ですから荷造りも簡単に出来ると思いきや、自転車関連の荷造りが大変であることに気付いたときには時すでに遅しで、結局荷物を出す前日まで毎夜3時迄作業してました(T . T)

そして土曜日、無事荷物を運び出しました^^;


てなわけで、かなり古新聞になりましたが備忘録のため、初ブルベ「BRM0510千葉200km(大子)」の第2回目を・・・

300km出場のプチデビルさんを見送り
008デビさんスタート、頑張って

200kmの受付&ブリーフィングを済ませ、車検をパスし、いよいよスタートします。
016午前8時、いよいよ出発です、araitaさん有り難う御座いました。
Tomyさんと共にスタート!
araitaさん迎撃お疲れ様でした。
 
走行距離203.6km、獲得標高2198mと管理人にとっては厳しい数字ですが・・・頑張るぞ~⤴︎

大洗海岸を出発します。先ずは海岸線をひたすら北上します。距離にして約70㌔の道程です。 そのあと控える山登りを考えると、この海岸線では体力を温存しておきたいところです。

出発後、すぐに那珂川に架かる関門橋を渡ります。
019大洗から那珂湊へ渡る海門橋
この写真は、4月末にaraitaさん企画、総勢10名の「那珂湊ランチライド」で通ったときのものです。

いつもの仲間とのライドと違い、なぜか緊張気味に走っていたような気がします。何故か?
DSC00698.jpg
これはスタート直後の写真ですが・・・前を行くのはシロナゴさんです・・・

ひたちなか市から常陸太田市、日立市と進みます。
018日立市に入ります
日立市に入ります。

最初は平坦な道ですから、隊列を組んで進む事は予想していましたし、体力温存には後ろを走るのはウエルカムのはず、しかもスピードも遅くはありませんでした。ところが、何を思ったか? 管理人は集団を嫌がり、一人旅を選択します。向かい風なのに・・・やはり緊張していたんでしょうね。そして、向かい風のなかR245の海岸沿いを単独走行で北上します。

019日立駅前を通過
日立駅前を通過します。 この手前から一人旅を選択、ちょっとオーバーペース気味でした(^^ゞ
後のこと(PC2以降の山登りのことです)を考えているのでしょうか?

そして暫く海岸沿いのR6を走って、順調にPC1のミニストップに到着しました。
020PC1のミニストップ
この後すぐに、シロナゴさん到着。

021赤コーラと豆大福を補給
山登りを控えた「PC2の前で多めの補給をした方が良い!」と言う、ブルベの先輩シロナゴさんのアドバイスもあり、ここでは軽めの補給としました。 赤コーラと豆大福をいただきました・・・ミニストップですから好物の「月餅」はありませんね。
そして管理人が出発するときにTomyさん、tomoさんが到着しました。 「お先に失礼しま~す」と、シロナゴさんと共にPC1を後にします・・・順調、順調!

022高萩市に入ります
高萩市に入ります。
その後、日立市から高萩市そして北茨城市を海岸線沿いにR6を進みます。

そして、事件その一は起こりました・・・まあ、はっきり言って準備不足ですが・・・やや向かい風の中、海岸線を順調に走行していました。時速は約30kmで巡行

高萩市から北茨城市に入り、PC2まであと少しのところでした。


北茨城市の磯原駅付近でした。

本来は、このようにR6を直進するだけの、何のこと無いコースですね。ところが管理人は、用意はしていましたがキューシートをあまり使用せず、GPS(ガーミン)で引いたコースを頼りにと言うか、信頼し切っていました。

で、実際走ったのは、

R6を左折しK22を進み、JRの跨線橋を渡ったところで、GPSのルートから外れてしまい、線路付近をウロウロしてしまいました(T . T) その時はパニクってしまい、ただ走り回っていましたが、「少し冷静に、冷静に!」ともう一人のただのオヤジが呟いてくれました。路地に入り、一旦TIME号から降りてガーミンをよく見ると、先ほど左折した交差点から先の案内がなくなっていました。 でもナビは継続しています・・・なんと、ゴールに向けて案内をしているではありませんかorz ここで初めてキューシートの出番です、キューシートはR6直進です。何のことはないですね^^; 改めてキューシートの大切さと事前勉強(所謂、予習って奴ですね)の大事さを実感しました・・・懲りないオヤジはこの後も、ガーミン(今度は800Jですが・・)を頼りに走りましたが・・・でもキューシートと併用しました^^;

結局、3㌔くらいミスコースしました^^; しかしミスコースをすると、精神的ダメージは大きいですね!

さて、先へ進みます。ショックも冷めぬままR6を更に北上、大津港あたりで左折、長かった海岸線とはここでお別れし、内陸部へ入っていきます。西に向かって進みますが、強烈な向かい風になりました(T . T) ペダルを回せど回せど前へ進んでいる気がしません。これから先が思いやられるな~!っと思ったところで、丁度PC2に到着しました。
023PC2セブン
PC2のセブンです。
ここでは、ブリーフィングで話があった通り、スタッフの人がいました。写真を撮っていました。 このスタッフ様には、後ほど大変お世話になることになろうとは、思いもよらない管理人でした・・・そうです事件その2が起きてしまいました。しばらく進んでから事件は発覚します^^;

その前に、山登りを控えカロリーの高い「ピーナツコッペパン」を補給!
024ピーナツコッペパンを補給

シロナゴさん、tomoさん、Tomyさん、の順番でPC2を出発します。 管理人は、トイレやらパンの補給やら、キューシートもガーミンに併せて見ていくことにしたため、キューシートの自転車への取付け等に手間取り、皆さんより少し遅れてPC2をスタートしました。

025後ろを走るTomyさん
脚の重そうなTomyさんを追い抜き(スイマセン、お先に!)

026本格的な山登りがはじまります
いよいよ本格的な登りですね(^^ゞ

ここから、地獄の山登りの連続でした・・・

027火の用心ではなく、最初の峠制覇!
「火の用心」ではなく、最初の峠を制覇しました! 2百数十㍍の高度だったと思いますが、かなり厳しい登りでした・・・しかし景色は抜群に良かったですね・・・思わずパチリ! そんな余裕があるんかいな?? てな調子で、このあと下りかと思いきや、これからが山登りの本番でした・・・やはりブルベは恐ろしいところでした・・・舐めてはいませんでしたが、このコースは想像以上に厳しかったですね。

ここから(最初の峠)から、チェックポイントの小山ダムまで更に登りが続きます・・・ここでシロナゴさんを追い越し、死にそうになって登っているとサプライズが・・・1時間前に出発した「300km組」の皆さんが小山ダム方面から、一気に下ってくるではありませんか? ということは「デビさん」と会えるかな? って苦しみながら考えていると、直ぐに前方から赤いGIANTが下ってきました。 「まいど~!」と声を掛けるのが精一杯のオヤジでした・・・しかしデビさん早かったですね、恐らく先頭に近いところにいたのでは??・・・デビさんもすれ違ってビックリした様子でした。「頑張れ~!デビさん」と心の中で言ったかどうかは不明ですが・・・何はともあれ山登りはまだまだ続きます・・・

028そして、こんなとこや
そして、こんなとこや

029こんなとこを通り高萩市へ戻ってきました
こんなとこを通って、高萩市へ戻ってきました。

030そして9の坂を登り切ったところに小山ダム、そうですシークレットポイントに到着
そして、9°の坂を登り切ったところに小山ダム・・・そうです、シークレットポイントに到着しました。

小山ダムです
031小山ダム
美しいですね・・・ここで第二の事件が・・・


今日はここまでで精一杯です! 何とか今週中には完結したいと思います(-_-;)

しかし、青梅の夜はまだまだ寒いですね。


ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT

初ブルベお疲れ様でした。
オヤジさんこそ速かったですねぇ
正直、ビックリしました。
おまけにミスコースまでしてたとは…
いよいよハプニングの始まりですね
どんな状態でどうなったのか?
続きが楽しみです。

No title

オヤジさま
いよいよ単身赴任ですか。それはそれで大変なことも多いでしょうが無理のないようお勤めください。
自転車も持っていかれたということは完全に「山の人」になる意気込みですね!

Re: タイトルなし

デビさん、こんばんわです。
速かっただなんて、全然です。もう苦しくて、苦しくて・・・
やはり200といえど、ブルベは舐めてかかれませんね。
それからミスコースは、精神的なダメージが大きいことも理解しました。
やはりそれなりの準備は必要ですね。
これから第二のハプニングを作成します。
しばらくお待ちください。

Re: No title

gonさん、こんばんわです。
そうなんです、いよいよ単身赴任ですね。今日でまだ二日目ですが・・・
やはり通勤2時間40分は耐えられませんでした^_^;
自転車は何台か所有していますが、メインのTIME号は実家に置いていますので・・・
完全に「山の人」にはなりません、と言うかなれません!
そういえば、ハルヒル良いタイムだったみたいで・・・お疲れ様でした。

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。