TIME de Tadano-Oyaji
プロフィール

ただのオヤジ

Author:ただのオヤジ
50歳で始めた、へなちょこオヤジのチャリンコ奮戦記です。NEWマシン“TIME de Tadano-Oyaji号”と“ゆかいな仲間”でポタリング&ロングライドを楽しんでいます。

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DeRosa Avant 組み上げ(Ⅴ)〜最終章

<最終章>カセット・チェーン&ホイール・タイヤ取付け → 仕上げ → 完成

さあ、長かったNEWバイクの組み付けも今日で完成です。

[コラムカット]
コラムカットをします。
高さ調整が出来る様、上部にスペーサー1枚分の余裕を持たせて、残りをカットします。
①01コラムカット

使用する工具は、これだ!「パイプカッター」
①02コラムカット

このように使用します。
①03コラムカット

くるくる回してコラムをカットしました。
コラムもカーボンだったのですね?!
①04コラムカット

切り取った断面はガタガタですので、ヤスリで慣らします。
①05コラムカット

①06コラムカット

はい、コラムカットして組み上げました。
①07コラムカット


[シートポスト&サドル取付け]シートポストはフレーム付属のFSA K-FORCE CARBON DE ROSA
重量は225gです。
②01シートポスト

サドルは、自身初のSELLE SAN MARCOのaymanoです。チタンレール。
重量190gです。
②02サドル

ちゃっちゃと取り付けました。
②03サドル取付け

②04サドル取付け


[カセット スプロケットの取付け]

③01カセット
Campagnolo CHORUS 11s SPROCKET
上から3番目のグレードですが、とても綺麗なスプロケットです。
でも、お値段も一流、定価で2万円弱。

これをホイールに装着します。ホイールはカンパのZONDZです。
③02カセット

このスプロケット、白い樹脂製の突起の多い物に組み込まれています。
裏は、特に長く突き出しています。
③03カセット

フリーに装着する時には、ロックリングとトップギアを取り外し、
白い樹脂ガイドをフリーの内部に差し込みます。
③04カセット

そして、目印の部分を合わせ、ギアをフリー側へスライドさせて行きます。
③05カセット

ロー側から順番に入れて行けば、フリーに全て装着できます・・・
③06カセット

全てのギアがフリーボディに納まったら、樹脂ガイドを抜きます。
③07カセット

樹脂ガイドを抜き、最初に外しておいたトップギアを付けます。
③08カセット

最後にロックリングをねじ込みます。
③09カセット

ロックリングの締め込みには、カンパ用の専用工具が必要です。
③10カセット

専用工具を確実に装着したら、モンキーレンチで締めこみます。
指定トルクは40Nmということですが、ここも適当にいきます。
※ここは正ネジです
③11カセット

これで、カセットフリーの装着が終わりました。
簡単な作業ですが、専用工具は必須アイテムです。
③12カセット


[タイヤ&ホイール装着]
カセット取付け時にも紹介しましたが、DeRosa Avantの初代ホイールは、
Canpagnolo ZONDA Clincherです。
④01ホイール

重さを測ります。(前後ともクイックなしの状態です)
フロント630g
④02ホイール

④03ホイール

リア810g
④04ホイール

④05ホイール

タイヤは「SCHWALBE ULTREMO ZLX 700×23C」です。
④06タイヤ

チューブは「Panaracer Racing Tube R'AIR 700×18-23C 32mm」です。
④07チューブ

早速、ホイールにチューブ&タイヤを組み付けます。
④08タイヤ装着

④09タイヤ装着
前後とも、出来上がりました。

DeRosa Avantに組み付けます。
⑤10タイヤホイール装着


[チェーン取付け]
今回は、KMC X11SL GOLD 228g をチョイスしました。
⑤01チェーン

⑤02チェーン

チェーンを通し、長さを決める処から始めます。
カンパの場合、インナー×トップにチェーンを掛けます。
⑤03チェーン

⑤04チェーン

長さを決めるのに、チェーンフッカーで仮にチェーンを引っ張っておきます。
⑥05チェーン

この部分、ガイドプーリーと下のチェーンの間を8mm〜15mmの間にします。
⑥06チェーン
チェーンの長さを決定します。

次に、チェーンを切ります。
専用工具の矢をチェーンのピンの中心に合わせ、ハンドルを締め込みピンを抜きます。
⑥07チェーン

付属のミッシングリングでチェーンを繋ぎます。
⑥08チェーン
完了です。


[仕上げ]
仕上げに、以下の作業を実施しました。

〇バーテープを巻く
3Tのバーテープをチョイス、色は黒です。
⑥01バーテープ

⑥02バーテープ


〇ブレーキ&シフト調整
写真を撮り忘れました。


〇ペダル取付け
今回取り付けるペダルは、SHIMANOではなく、初LOOKです。
「LOOK KEO2MAX CARBON」カーボンモデルです。
⑦01ペダル

⑦02ペダル

重量を測定します。
⑦03ペダル
247gです。

早速、取り付けます。8mmアーレンキーを使用します。
ネジ部(ペダルとクランク)には、グリスを塗布しておきます。腐食と固着防止の為です。
⑦04ペダル

⑦05ペダル

⑦06ペダル

⑦07ペダル

右側から取り付けます。 ※正ネジです
⑦08ペダル

左側は逆ネジです

完成です。
⑦09ペダル



“DeRosa Avant”組み上がりました。
後は、調整とランプ・サイコン等備品の取付けです。
以下、天気が良くないですが、写真でご紹介します。

⑧00完成

⑧01完成

⑧02完成

⑧03マーク


重量を計測しました。
⑧04計測

⑧05計測
7.08kgです。


これで完成です。
お付き合い下さった方、ご清聴有難うございました。

2013年から、ただのオヤジに新しい仲間が加わります(#^.^#)
名前を付けないと・・・





ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

初詣ポタご案内 & DeRosa Avant 組み上げ(Ⅳ)

=新春初詣ポタ“TEAM @40K/h??”のご案内=

たいへんご案内が遅くなりましたが、以下の通り新春走行会を実施しますので、
皆様方、奮ってご参加ください。

◆実施日  2013年1月5日(土) 終日
◆集合時間 8時30分
◆集合場所 手賀沼 道の駅しょうなん
◆目的地  香取神社・・利根川CRを利用?し、片道約50kmです

※詳細は、ベテランTOMYさんがご案内します。
※前日までに出欠の連絡をお願いします。
※当日は、初詣です。ヒルクライムではありませんので、あしからず・・・(笑)
 小銭(お賽銭)を忘れないように!


------------------------------------------------------------------------------

それでは、DeRosa組み上げ編をお送りいたします。
今日は、かなりの長文(写真多し)になりますので、退屈な方は遠慮なさらずに退出下さい。

<第4章>ハンドルバー&シフターの取付け、ワイヤー張り

[ハンドルバーを取り付ける]

“DeRosa Avant”少しずつ形になって来ています。今回は、ハンドルを取り付けます。
選んだハンドルは、FSAのK-FORCE CARBONです。
①001ハンドル

①002ハンドル

DeRosa Avantのフレーム&付属のFSAシートポストに合せ、黒のカーボンハンドルを選択しました。
上部の真っすぐな部分は扁平に潰され、裏側にはアウターワイヤーの為の一本溝が有ります。
①003ハンドル

重量は260gと軽量です。
①004ハンドル

①005ハンドル

選んでいるステムも、FSA OS-99 のブラックです
①006ステム

①007ステム

まず、クランクボルトを外します。ボルトはステンでしょうか? 確証はありませんが、そんな雰囲気です。
アーレンキーは、4mmを使います。
①008ハンドル取付け

①009ハンドル取付け

クランプ部の蓋が外れました。
①010ハンドル取付け

ハンドルをクランプする部分、ここは埃が付着し放題ですので、グリスを塗っておきましょう。
腐食防止です。
①011ハンドル取付け

①012ハンドル取付け


ハンドルを取り付けます。
一箇所を一気に締めるのでは無く、少しずつ同じ量を締めていきます。
①013ハンドル取付け

①014ハンドル取付け

このハンドル、使い易いといいですね!
①015ハンドル取付け

①016ハンドル取付け


[シフターを取り付ける]
DeRosa Avantには、カンパニョーロのコンポを選択しています。
取り付けたハンドルに、シフトレバー(Ergopower/エルゴパワー)を取り付けます。
②001シフト

②002シフト

②003シフト
“Campagnolo RECORD 11s Ergopower Ultra-shift”
カンパのエルゴパワーの登場は、1992年の事らしいです。シマノの“STI”に対抗し開発されたようです。

エルゴパワーの取り付けには、ブラケットカバーを大きくめくる必要が有ります。
ハンドルクランプの締め付けネジは、トルクスレンチT25が必要です。
②004シフト取付け

②005シフト取付け

じゃあ、ハンドルに取り付けましょう。クランプ金物を外し、ネジにグリスを塗っておきます。
②006シフト取付け

②007シフト取付け

②008シフト取付け

クランプをハンドルに通し、レバー位置まで運びます。
このクランプには ↑ 印が刻まれており、それを上に向けて装着します。
②009シフト取付け

②010シフト取付け

クランプにレバーを取り付けます。
トルクスレンチを使いますが、ブラケットカバーが邪魔になるので、やりにくいです。
ネジの頭を舐めないように注意する必要ありです。
②011シフト取付け

②012シフト取付け

レバーの位置ですが、ブラケットの上部とハンドルのラインと一直線になる位置にしましょう・・・適当!適当!
②013シフト取付け

②014シフト取付け

②015シフト取付け


さてここまで進みました。
この後の作業は、ワイヤの取付け・取り回しです。 


[アウターワイヤー]

ブレーキとシフトのアウターワイヤーの長さを決めます。
確実な操作が出来かつ見た目も重要なため、慎重に作業?します。

カンパニョーロのワイヤーセットです。
③001ワイヤー

③002ワイヤー


作業を始めます。エルゴパワーです。
ブラケットのパッドをめくります。黄色の樹脂が見えていますが、ここがシフトワイヤーを装着する所です。
④001アウター

カンパのエルゴパワーは、この様にハンドルの外側と内側のいずれかに、ワイヤーを通す事が出来ます。
④002アウター

④003アウター

レバーの内側にあるのが、ブレーキワイヤーを装着する穴です。
④004アウター

さてアウターワイヤーを、エルゴレバーからフレームのアウター受けまで、仮に這わしてみます。
ここで、ハンドルを一杯切ってワイヤーが引っ張られていないか確認します。
必要以上に余裕を見る必要は有りませんが、ハンドルを一杯に切れる長さがあれば良いでしょう。
④005アウター

④007アウター

フロントのブレーキワイヤーは、ハンドルとは関係有りません。見て綺麗な長さで良いでしょう。
④008アウター
 
じゃアウターケーブルを切りましょう。
④009アウター

ブレーキ用のアウターワイヤーは、専用工具で切っても、切り口は平らではありません。
④010アウター

切り口にヤスリを掛けます。 
④011アウター

これですっきり完了。
④012アウター

ブレーキワイヤーはこれでいいかな。白いテープは仮止め用です。
④013アウター

リアブレーキのシート部。
ここは意外と目立つので、アールを綺麗に出します??
④014アウター

さてシフトワイヤーも同じ手順で確認をしながら、長さを決めました。
左右が同じ形におさまり綺麗に決まりました。
④015アウター


[インナーワイヤー]
作業の左右が入混じっていますが、作業自体は同じですので、あしからず・・・

カンパのエルゴレバーのインナーワイヤーを通します。まずはブレーキからです。
前回、長さを決め仮止めしておいたアウターワイヤーを一旦外します。
⑤001インナー

アウターの内部にスプレー式のグリースを注入します。
⑤002インナー

インナーワイヤーはカンパの純正です。事前にグリースを塗っておきます。
インナーには、シフト用とブレーキ用が有り、太さと先端のタイコの形状が異なります。
ブレーキは左側の頭が大きい方を使います。
⑤003インナー

⑤004インナー

エルゴレバーを正面から見て、レバーを一杯に引きます。
そこに見えるのがタイコの装着部、ここからワイヤーを入れます。
⑤005インナー

⑤006インナー

そのワイヤーが出て来るのが、この部分。レバーの内側です
⑤007インナー

ワイヤーを入れます。先程の所から出て来ました。
⑤008インナー

⑤009インナー

グリスをインナーワイヤーやタイコに塗っておきます。
⑤010インナー

インナーワイヤーにアウターを通し、アウターの先端はブラケットの穴に奥まで確実に差し込みます。
⑤011インナー

⑤012インナー

こことここを通していきます。
⑤013インナー

⑤015インナー

ブレーキ本体のアジャストボルトでアウターを受けます。
⑤014インナー

ブレーキ本体のワイヤークランプ部で使うのは、5mmのアーレンキーです。
⑤016インナー

⑤017インナー

長いワイヤーも次の作業の邪魔にならない様に巻いておきます。
⑤018インナー

ここまでが、ブレーキワイヤーの一連の作業で、右側もする事は同じです。
次はシフト用インナーの通し方をご紹介しましょう
  
左側のレバーです。
ブラケット内側のレバー(下げるだけの操作レバー)、このレバーを押し込む事でワイヤーが緩みます。
これは、左右一緒です。ワイヤーを装着する前に、このレバーを押し込む操作をし、ワイヤーが一番緩む
状態にします。
⑥001シフトインナー

ブラケットの下の穴、ここからインナーワイヤーを入れます。ちょっと入れにくいです。
下から差し込んだインナーワイヤーは、この黄色い部分に出てきます。
じっくりやることがコツかな?
⑥002シフトインナー

⑥003シフトインナー

上部に出て来たインナーワイヤーは、ハンドルの外側と内側のいずれかへ出す事が出来ます。
今回は、ハンドルの内側を通していきます。
⑥004シフトインナー

出て来たインナーワイヤーにアウターを通します。
⑥005シフトインナー

この部分にはアウターキャップが必要です。
⑥006シフトインナー

ワイヤーリードを通します。
⑥007シフトインナー

⑥008シフトインナー

フロントディレラーに向かいます。フロントディレーラーのワイヤークランプはここです。
⑥009シフトインナー

⑥010シフトインナー

ワイヤーを軽く止めておきます。
長さ調整や締め込みは、変速機の調整の時に行いますので、この段階では仮止めにします。
⑥011シフトインナー

右側のレバーもワイヤーの経路が多少違うだけで、レバー部のワイヤーの通し方は同じです。
⑥012シフトインナー

インナーワイヤーを通し終わったら、アウターケーブルをビニールテープでハンドルに止めます。
⑥013シフトインナー

これでカンパニョーロのエルゴパワーのワイヤーラインの作業が終わりました。
⑥014シフトインナー


長々とお付き合い下さいまして、有難う御座いました。
いよいよ次回は完成!・・・の予定です



ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

DeRosa Avant 組み上げ(Ⅲ)

年末も押し迫って参りました。
早く仕上げないと、まずい・・・

ということで、DeRosa Avant第三弾をアップします。

<第3章>ディレーラー&ブレーキの取付け

今回は、フロント及びリアディレーラー(変速機)を取付けます。

[フロントディレーラー取付け]

フロントディレーラーは、カンパニョーロ スーパーレコードの11速用 バンド式(35mm)です
⑧001FD

⑧002FD

⑧003FD


フロントディレーラーの表と裏です。
⑧004FD

⑧005FD
表のプレート(羽)には、カーボンが使われています。
ちょっと、強度に不安を感じる部分ではあります。

重量を測ってみます。
⑧006FD
85gです。

これはバンド用の変速機で、取付けはシートチューブに取り付けます。
⑧007FD取付け

⑧008FD取付け

こちらは、5mmのアーレンキーを使います。
ネジ部には、腐食と固着防止のグリスを塗布します。
⑧009FD取付け

⑧010FD取付け

ここは適正トルクで締め込みます。
⑧011FD取付け

フロントディレーラーを装着しました。
⑧012FD取付け


[リアディレーラー取付け]
次はリアです。
リアディレーラーは、カンパニョーロ コーラスの 11速用です・・・何故かカンパのRDは高い!
⑨001RD

⑨002RD

⑨003RD

上位モデルとの違いは、フルカーボン(レコード&スーレコ)とアルミ&カーボン(コーラス)です。
⑨004RD

⑨005RD
リアディレーラーの表と裏側です。
プーリー固定ボルトはアルミ製です。

重量は185g
⑨006RD

早速、取り付けます。
デイレーラーマウント用のピポットボルトに、シリコングリスを塗布します。
ネジの固着防止が第一の目的です
⑨007RD取付け

⑨008RD取付け

工具を使いディレーラーマウントにボルトをねじ込み、装着します。
ここで使う工具は、トルクスレンチです。
何故、普通のアーレンキーじゃないんでしょうか?
⑨009RD取付け

⑨010RD取付け

使用ボルトの形状は、何か考えが有っての事なんでしょう。
ただのオヤジには分かるわけないか・・・
でも工具あってよかったです(#^.^#)

リアディレーラーが取り付きました 何も難しくは無い作業です。
⑨011RD取付け


さて、これで前後の変速機が装着できました。


[ブレーキを取り付ける]

次は、ブレーキを取り付けましょう。
取り付けるのは、カンパのコーラスです。
⑩001ブレーキ

⑩002ブレーキ

⑩003ブレーキ

重量を測ってみます
⑩004ブレーキ
フロント161g

⑩005ブレーキ
リア156g

⑩006ブレーキ
前後あわせて317g・・・あってる、あってる、って当たり前です。

取り付け用の沈頭ナットは、トルクスレンチ・・・
⑩007ブレーキ取付け

フロントから装着しましょう。
フォークの前部から本体を差し込み、フォークの後部の穴から沈頭ナットを使います。
⑩008ブレーキ取付け

⑩009ブレーキ取付け

フォークの裏側から、沈頭ナットにもグリスを塗り締め込みます。
最後に細かな調整をするので、今の段階では仮止めです。
⑩010ブレーキ取付け

⑩011ブレーキ取付け


じゃあ、リアにいきましょう!
⑩012ブレーキ取付け

こちらもする事は一緒、リアのブレーキブリッジの裏側からナットで止めます。
⑩013ブレーキ取付け


前後ブレーキの取付けが完了です。


明日、会社が年末最終日です。
明後日から、年末年始休暇ですが、30日から帰省します。
29日一日で仕上がるか・・・頑張るぞ〜!
でも、走り納は???




ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

DeRosa Avant 組み上げ(Ⅱ)

今日も寒かったですね。
今年も、あと4日で終わります。
ただのオヤジにとって、今年(2012年)は思い出深い年になりました。
人生のターニングポイントかも??・・また機会があれば当ブログでご紹介します。


さてさて、DeRosaの組み上げは続きます。
今回はドライブトレインの組み付けをご紹介しましょう。

<第2章>チェーンホイール/クランクの取付け


今回は、カンパのチェーンホイールを取付けます。
このクランクは、ウルトラトルクというカンパニョーロ独特の構造をしています。
⑦001クランク

⑦002クランク

“Campagnolo SUPER RECORD 11S” カンパニョーロの11速用のチェーンホイールです。

クランク長は170mmです。
⑦003クランク

もちろん中古品です・・・ヤ〇〇クでゲット!!

重量を測ってみます。
⑦004クランク重量
642gです。軽いですね~ さすがスーレコ・・・中古ですが・・・

クランクの裏側を見ると、ベアリングはここに付いています。
ここは、シールドはされていません・・ですからボールが見えます。
⑦005クランク取付け
触ってみるとそんなに重い回転では有りませんが
回転部にグリースを塗っておきます。

前回、取り付けたB.Bカップ、右側にはこのアーレンキーの先で指している所に、小さな穴が開いています。
ここにはこのクリップが納まり、内部に先が飛び出し、クランクのベアリングを保持し、
クランクの抜け止めの役目をするそうです・・・
⑦006クランク取付け

さて、右側から取り付けましょう。
B.Bカップの内部とクランクシャフトとベアリングにも、やや多目にグリスを塗ります。
防水と錆止めの為です。
⑦007クランク取付け

⑦008クランク取付け

⑦009クランク取付け

右側のクランクを差込みます。
ベアリングがカップに入る時に少し手応えが有ります。
⑦010クランク取付け


ベアリングがカップの置くまで入ったら、抜け止めのピンをカップに取付けます。
⑦011クランク取付け

先程の穴にピンの先が入っています
⑦012クランク取付け


次は左側です。
左側のクランクには、フィキシングボルトが取り付けてありますが、これは後で使うので外しておきます。
⑦013クランク取付け

⑦014クランク取付け

クランクをカップに差し込みます。
右のクランクと一直線になる様、位置決めに注意しましょう。
もちろんグリースを塗っておきます。
⑦015クランク取付け

⑦016クランク取付け

フィキシングボルトにもグリスを塗ります
⑦017クランク取付け

右のクランクの穴から、左のクランクのネジを目掛け、フィキシングボルトを装着します。
使うアーレンキーは、10mmです。
⑦018クランク取付け

⑦019クランク取付け

⑦020クランク取付け

クランクが取り付きました。
カンパは、回転が“重い”って言われるみたいですが、実際のとことどうなんでしょうか?
まっ!素人のただのオヤジには関係ありませんが・・・
⑦021クランク取付け


ということで、クランクの取り付け完了です。
次回は、ディレーラー&ブレーキ取り付け編かな?



ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

DeRosa Avant 組み上げ(Ⅰ)

今日は、朝から結構寒いですが、とても良い天気でした。
朝からポタリングといきたかったのですが、今日はイブですから、
何かと家庭の事情がありまして、出動を断念せざるを得ないただのオヤジです。


さてさて、いよいよパーツが揃いましたので“DeRosa Avantくん”の組み上げを実行します。
完成目標は「年内」です。頑張りましょう!

一部、先日組み上げたところから紹介してまいります。


<第1章>ヘッドパーツ&ステム、BBカップ装着
<ヘッドパーツ取付け>

デローザ専用?のFSAヘッドパーツです。フレームに付属されていました。
そのヘッドパーツを取り付けます。
①ヘッドセット


それでは、ヘッド小物とフォークをフレームに取り付けます。
②001ヘッドパーツ取付け

フォークの下、ベアリング受けにシールドベアリングを置きます。
②002ヘッドパーツ取付け

②003ヘッドパーツ取付け


そこにフレームのヘッドを納めます
②004ヘッドパーツ取付け

②005ヘッドパーツ取付け


上部ベアリングをフォークコラムへ差し込みます
②006ヘッドパーツ取付け

②007ヘッドパーツ取付け


アルミの輪っか(名前は知りません)を入れ 一番上部のワンを装着します。
②008ヘッドパーツ取付け

②009ヘッドパーツ取付け

②010ヘッドパーツ取付け

②011ヘッドパーツ取付け


フレームにフォークを装着した段階で、重量を計測します。
③001測定

③002測定
重量1.555kg
う〜ん!軽い!


<ステムの取付け>
ステムは、ヘッドパーツに合せ FSA の物を用意しています。
④001FSAステム

④002ステム重量
重量は117gです

スペーサーの適当な物(ちょっと赤にこだわりました)を入れ、ステムも取り付けます。
④003ステム取付け

フォークコラムのカットは、ポジション調整(ただのオヤジに出来るか??)時にしたいと思っております。


<BBカップ取付け>
次は、ハンガーシェルに BBカップを取付けましょう。 
取り付けるのは、カンパスーパーレコード 11S です。
⑤001カンパBB

⑤002カンパBB

Campagnolo SUPER RECOD 11S
カンパのウルトラトルクという方式のクランクを装着する為の部品で、
この BB 自体にはベアリングの機構は無く、クランクシャフトを受ける為の部品です。
今回のフレームの BB 規格は ITA です。
⑤003カンパBB

重量を計測します。
⑤004BB重量
2個で46gです。

BB カップの右側には、外側にピンのようなものが付いています。
これは、クランクを装着する時に必要な物です。
⑤005カンパBB

今回使う工具は、ボトムブラケットツールです。シマノのホローテックⅡと共用で使えます。
⑥006BB取付け

他に使うのはグリスです

さあ!はじめましょう!

最初は右サイドから。
まずは、フィニッシュラインの「プレミアム テフロン グリス」を使います。
ハンガーシェル内に腐食防止の為に塗布します。
⑥007BB取付け

⑥008BB取付け

⑥009BB取付け

⑥010BB取付け


B.B カップのねじ山とシェルとの当り面にグリスを塗布します。
防水・防錆が目的です。
⑥011BB取付け

ハンガーシェルにねじ込みます ITA規格は両側とも正ネジです。
最後に工具を使い締め込みます。
トルク管理は気になるところですが、(カンパの場合この部分は 35 Nmくらい?)
ただのオヤジは無視します。
しかしこんなのは感覚 自分を信じます 私は目一杯締めました(笑)
これ以上締まらないよと感じる処まで・・・(爆)
⑥012BB取付け


はみ出したグリスは ウエスで綺麗に拭き取ります
⑥013BB取付け

⑥014BB取付け


では次は左側です。 やはり、カップにはグリスを塗布します。
⑥015BB取付け

⑥016BB取付け


こちらも正ネジ、やはり目一杯締め込みます。
ただ、そうは言ってもむやみやたらに締め込んでいる訳では無く、カッコよく言いますと、
「ハンガーシェルに食い込んでいく感覚」を感じながらの作業でした???
⑥017BB取付け

⑥018BB取付け


さてこれで B.B カップの取り付けは完了しました 締め込むだけの簡単な作業です。

しかし、自転車の部品の中で緩めば困る部分では有ります。
ここが緩めば走行不能?
知らずに乗っていればフレームがお釈迦=怪我のもとになる事も有ります。
皆さん、気を杖ましょう!!



次回につづく・・・
次回はクランク取付け編だ〜!





ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

通勤R3号のメンテナンスをしました(後編)

今日は、雨で寒い一日でした。
ただのオヤジは、ちょうど休日出勤で会社に行っておりました。
晴れの日の休日出勤は地獄の一日となるのですが、
今日は雨なのでラッキー??

ということで、一昨日の続き、通勤R3号のメンテナンス記録を書き留めておきます。

前回は、各ワイヤー(ブレーキ&シフト)を取り外すところまででした。

今回は、FDを取り外すところからです。
ここを緩めて、ワイヤーを取り外します。
007FD外します

次に、バンドのネジを緩めてFDを取り外します。
取り外した写真です。
007FD外します2

007FD外します3

表と裏の写真ですが、共によく汚れていますので、パーツクリーナーを吹きかけて綺麗にします。

008FD掃除後
傷はたくさんありますが、キレイになりました。

次はRDです。
008RD外した
外したところです。下川の丸い穴部とRDが結合されています。

008RD外し汚い
しかし、何度も言いますが汚いです・・・

008RD掃除後  008RD掃除後2
パーツクリーナーで掃除しました。
まあまあキレイになりましたか?

次は、ハンドルバーからシフター&ブレーキレバーを取り外します。

ここを緩めて、シフターを取り出します。
009シフター外す

ここを緩めて(裏から見たところ)、ブレーキレバーを取り出します。
010ブレーキレバー外し

各レバーの取り出し完了です。
010ブレーキレバー外し2
シフター
009シフター外す3
ブレーキレバー

続きまして、ペダル&クランク&BB の取り外しです。

しかし、よく錆びついています。(シマノPD-A520です)
011ペダルPDA520

ペダルレンチを使って取り外します。
ここでワンポイント、
ペダルを取り外す時の、ネジを緩める方向が左右違います。
進行方向に向かって、右ペダルは通常方向でネジを緩めます。(通常方向=時計の反対回り)
左側は逆ネジです。(逆ネジ=時計回り)
011ペダル外します

次はクランクです。
これも汚れていますね・・・
012クランク

左側から外していきます。
まずはこの部分を、専用工具で外します。
013クランク外し1

013クランク外し2

このネジと反対側のネジを交互に緩めていきます。
013クランク外し3

左側のクランクのアームを外し、右クランクアームを外します。
この時固い場合は、プラスチックハンマー等でド突いてしまいましょう。
013クランク外し4

外れました。
013クランク外し5

013クランク外し6


次は、BBカップ取り付け工具を使用して、BBカップを外します。
BBシェル幅が、68mm、73mmは、
〇左側は左に回すと緩む「正ネジ」
〇右側は右に回すと緩む「逆ネジ」です。
014BB外し1

014BB外し2

014BB外し3

014BB外し4

左右の取り外しを連続でご覧頂きました。

1年間開けていないので、もっと凄いことになっていると思っていましたが、予想以上にキレイでした。
・・・なるべく雨の日は乗らないようにしていたのが、よかったのか??
015BB掃除まえ

ここもパーツクリーナーでお掃除します。
たいへん綺麗になりました。
015BB掃除後


取り敢えず、外すものは外し、パーツクリーナー等でキレイにしました。
さあ!ここから組み上げます。

まずはBB&クランクの取付け
BB内部に、たっぷりのグリースを塗ります。
016BB取付け1

BBカップにも同様に、グリースを塗ります。
016BB取付け2

専用工具でBBを締めこみます。
016BB取付け3

左右のBBを取り付けたら、
次は右クランクを差し込みます。
016BB取付け4

016BB取付け5

このあとは、取り外した時の逆で、左クランクを取付け、2本のネジを交互に締めあげ、
最後に黒いネジを専用工具で締めて、クランクの取付け完了です・・・実は写真撮ってません


次はハンドル回りです。
017ステムハンドル

ネジが錆びています。
017ステムボルト錆び

このネジを緩めて、ハンドルバーを外します。
グリップ、真っ黒ですね。取り替えないと・・・
017ハンドル外した

ここのネジを緩めて、グリップをハンドルバーから取り外します。
018グリップ外し

グリップが外れました。
今のハンドルバーは、何となく幅が広くて乗りにくいため、バーを2cmカットします。
019ハンドルバー外し

カットに使った工具は、これです。
020ハンドルカット1

このように使います。
020ハンドルカット2

綺麗に左右とも切断出来ました。
020ハンドルカット3

切り口は、金ヤスリでこすります。
020ハンドルカット4


次は、カッセトの取り外しと清掃・組み付けです。
一気に取り外しました・・・写真撮り忘れです
021カセット外し1

シマノ105の10S、12-27Tです。
021カセット外し2

これも汚いです〜
021カセット外し3

1まい1まい、パーツクリーナーでキレイにします。
そして、一気に組み付けました。
022カセット掃除取付け1

どうです、綺麗になりましたでしょ!!
022カセット掃除取付け2

RDも、ここに組み付けます・・・もちろんグリースを塗ります。
023RD取付け

そして、ワイヤーを張ります。
024ワイヤー取付け


最後は、殆んど撮っていません・・・横着な、ただのオヤジを許してください。
そして完成写真!
025完成

026ハンドル部分  027フロントブレーキ  028RD.jpg  

029クランク  030NEWペダルPDA530

ということで、試走を兼ねて幕張まで走ってきました。往復25kmくらいでしょうか?
非常にペダルが軽く感じました。
やはり、メンテは定期的にしたほうが良いに決まってますね。

031免許センター試走
免許更新で、幕張の免許センターへ行きました。


帰宅すると、大英帝国から届いていました。
032来た

これで、DeRosaの主要パーツが揃いました。
いよいよ組み上げに掛かります。





ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

通勤R3号のメンテナンスをしました(前編〜チェーン&ワイヤー外し)

今日も、昨日に引き続き寒い一日でした。
今年は、例年より寒さが一段と厳しく感じるのは、ただのオヤジだけ?
 ・・・寒さが躰に応える年頃です!

さてさて、何度がご紹介していますが、
毎日の通勤の足として活躍しています「通勤R3号」です。(正式には、GIANT R3)

IMG_0449.jpg

最寄駅までの短い距離(約2.5km)ですが、ただのオヤジの頼もしい相棒です。
そんな相棒を、ただのオヤジは半年間も掃除せずに乗りっぱなしにしているではありませんか。orz
実に可哀相な“R3くん”です。

ということで、1年の感謝を込めて大掃除をしてあげました。
これから、その様子をご紹介しますが、部屋の汚さとピンボケ(殆んどの写真がピンボケでした
については、目をつぶって下さい。
あっ!いや!途中で読むのを止めて戴いても構いません・・・


まずは、BB裏の写真です。汚いですね〜

001BB裏から

続いてチェーンを取り外します。
ミッシングリンクを使っているので、取り外しは簡単!しかも再利用OKです。
002チェーン外したミッシングリンク

それにしても汚いです〜。
002汚いチェーン

汚すぎるので、灯油を使いジャブジャブいきます。
002灯油で洗浄

きれいになりました。
002綺麗になったチェーン

次は、各ワイヤーの取り外しです。
まずは、ブレーキワイヤーから外します。

これは、リアブレーキのワイヤーですが、錆びています。
003ブレーキワイヤー錆び


フロントブレーキです。
GIANTR3はクロスバイクのため、MTB用のVブレーキが装着されています。
003ブレーキ前輪
これも汚れています。

ワイヤーをカットします。
004ブレーキワイヤー汚い

このネジを緩め、ワイヤーを外します。
004ブレーキワイヤー外します

リアもフロントと同じ要領で外していきます。
004リアブレーキ

ブレーキレバーに移ります。
レバーの内側にカバーみたいなのがあるので、それを開きます。
005ブレーキレバー

ワイヤーエンドが見えました。
005ブレーキレバーワイヤー外し

ワイヤーエンドの丸い部分を引っ張ると、スルスルと抜けます。
今回は、各アウターはそのまま使います。

次は、ディレーラーのワイヤーを外します。
フロントディレーラーから
この部分をカットします。(できればワイヤーカッターがあると便利です)
006FDワイヤーカット

リアディレーラーのこの部分をカットします。
006RDワイヤーカット

次に、ハンドルに取り付けてある、シフターからワイヤーを取り外します。
シフターのこの部分のネジをプラスドライバーで外します。
006シフターワイヤー外し

ネジ穴の奥に、ワイヤーエンドが入っていますので、反対側から押し込み出します。
006シフターワイヤー外し2
ブレーキワーヤーと同様に、ワイヤーエンドを掴んで、スルスルと引っ張り出します。


時間が遅くなりましたので、次回は明日にでも更新する予定です。
横着な、ただのオヤジを許して下さい。
すいません!!



ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

やっと実行出来ました!

今日は、朝から鬱陶しい天気です。しかも、仕事で会食があるため、ジテ通はお休みです。
実は、土曜日は雨のため、通勤R3号のメンテナンスをしていました・・・
綺麗になりました・・・しか〜し、ブレーキとシフトのワイヤーの用意を忘れたため、
メンテが完了していません。orz
早くしないと・・・今週中には、パーツが全部揃う予定の「デローザくん」の組み上げに影響が出ます。
と、忙しいのは幸せと感じるただのオヤジです。


前段はさて置き、昨日はいい天気でした。
メンテとかNEWバイクのことは忘れて、ポタポタに行きましょう。
前から是非行きたい場所があるため、今日はその場所を目指します。

起床 6時
出発 7時

いつもの様にいつもの場所でパチッ!

①出発

今日は快晴です。
②今日は快晴

でも、夜半まで雨が降っていたのでしょうか、路面は結構ウエットです。

そんなことは気にせず、出発します。
今日は、南西方面を目指して進みます。
ららぽのある街の国道14号線から、ららぽーとに向かいます。
そこから、県道15号線(東京湾沿いの広い路です)を西に進みます。
幕張です、逆光で見づらいですが、高層ビルが建っています・・・昔は幕張新都心と呼ばれていましたが?

③幕張

幕張メッセの前には、千葉ロッテの本拠地マリンスタジアムがあります。

④千葉マリン

いまは、QVCマリンスタジアムと呼ばれています。

⑤QVCマリンフィールド


因みに、16歳になる息子は千葉ロッテのファンですが、
ただのオヤジは、根っからの広島カープの大ファンです。

カープ坊や



先を急ぎます。
遠くに見えるのが、千葉ポートタワーですかね?

⑥ポートタワー


国道357号線に出て走りますが、車の量が多いため、チョット怖いかな?
そこで、一本裏の路を走ります。写真はありませんが、イトーヨーカドー、島忠ホームストア、
新製品が安いケーズデンキ、GLOBO等が並んでいる、巨大ショッピングタウンでした。

朝でよかったです、昼間は凄い人でしょうね。

そこからは、道もよくわからないため、裏道案内の得意なガーミンコロラドの出番です。
登山とかハイキングに重点を置いたナビだから裏道の案内が得意なのか、
ただのオヤジが単に使い方がわからないだけなのかは不明です! デヘッ!

と言う事で、何処をどう通ったのかはサッパリわかりませんでしたが、
目的地に向かう国道297号線(大多喜街道)に出ましたので、そのまま進みます。

途中、巨大なソーラー発電所がありましたのでパチリ。

⑦ソーラー発電所

そこから目的地までは、どちらかと言うと“登り坂”です。
斜度はゆるいものの、間違いなく“登り坂”が続きます。(ひょっとしてヒルクライム??)
実際は、そんな厳しい坂はありませんでした。

途中、上総牛久あたりで大多喜街道(国道297号線)とお別れし、
養老渓谷に向う清澄養老ライン(県道81号線)を走行します。

何度かの軽い上り坂を進みます。
・・・しかし、軽い上り坂ですが結構キツイ!!ヒルクライムはニガテかも?

到着しました!

本日の目的地「高滝ダム」です。

⑧高滝ダム1

⑨高滝ダム2

反対側
⑩高滝ダム3

到着は、10時過ぎです。

ダムのすぐ脇にある 高滝ダム記念館 です。

⑪1高滝ダム記念館

ここで、本日の目的である「ダムカード」をゲットしました。

⑪ダムカード

何のことはない普通のカードですが、現地に行かないとゲットできない、貴重な代物??

2Fはレストランになっていましたが、11時から営業開始との事でしたので、
諦めて帰路につきます・・・今日は選挙ですので、14時には帰宅すると家内と約束していました。
のんびりしている暇はありません。

ほっとレモネードを補給します。
⑫補給

駐車場には、ちゃんとサイクルラックがありました。
⑬サイクルラック


ということで帰り道、ナビがまたまた裏道を案内します。
激坂を通りました。

⑭帰り坂

反対側(登ったところです)
⑮帰り坂反対側

フラフラになりながら、ららぽのある街を目指します。
途中から、勝手知ったる国道14号線を一直線!

でも、「腹が減っては戦は出来ぬ」です。
エネルギーを補給します。

⑯補給2

甘いものが欲しくなりますよね〜(笑)


今日も楽しいポタリングでした。


追伸:araitaさんと相談し、新春1月5日に初詣走行会を実施致します。
   ふるってご参加お待ちしております。
   詳細は後日!
   それからTEAM名を勝手に考えました・・TOMYさんから戴いた「TEAM@40K/h」は如何でしょうか?  

<本日のルート>


<本日の走行データ>
走行時間 5時間45分
走行距離 118km
AVE  20.5km
MAX  58.6km
ODO  1,157km



ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

Newフレームをゲットしました!

今週は、毎日良い天気でした。
寒さは厳しさを増してますが、晴れだとジテ通です。
最寄駅までの短い距離ですが、気持ちいいっす!

ということで、今日も快晴!

写真 20121213 午前


今日は、前回ちらっとお見せしました、新しいフレームのご紹介をしたいと思います。
我が家にやってきた、ニューファミリーです。

ただのオヤジにとっては、念願のカーボンフレームです(#^.^#)

イタリアの種馬??
“De Rosa Avant”デローザ アバント
宜しくお願いします。

③フレーム


ホームページから完成車のスペックを拝借しました。
ちなみにデローザアバントは、基本フレーム売りです。

①DE ROSA AVANT 2011

全体像です・・なかなかシブイ

スペックです
②スペック

この完成車のコンポは、カンパニョーロ ベローチェ10速です。



それでは、フレーム及びフォークの写真を何枚かご紹介します。

④フレーム

斜め前方からです。

⑤フレーム前

ヘッドチューブです。
デローザのマークがかっこいいですね!
で・ですが、印刷でなくシールです。

⑥フォーク  ⑦フォーク

フロントフォーク・・・勿論、カーボンです。


組み立てをする前に、フレームの身体測定を実施しましょう。

⑧フレーム重量

こんな感じで測定しました。

⑨フレーム重量

1.085=1.085Kgです・・・軽〜い!
と言いたいのですが、現愛車のCOPPIくん(アルミフレーム)の重量がわかりません??

ということで、いよいよこれから組み立てに入ります。
自分で組み立ますので、いつのなることやら?

いま、パーツを揃えています。
金欠のため、すべてのパーツが新品とはいきません。
ヤ〇〇クさん、Wiggleさん、お世話になります。アマ〇ンさんもですかね・・

組み上げの順を追ってアップする予定ですが、何しろ物臭なただのオヤジのことですから、
どうなることやら??

何とか、初乗りには間に合わしたいと思っております。
初走りは、いつ行きますか?????


ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ポタリングのはずがロングライド?? (後編・・未知の領域)

昨日も朝から素晴らしい天気でした。
月曜日より暖かくて気持ちの良い一日でした。

IMG_0451.jpg

朝から張り切ってジテ通です。

IMG_0449.jpg

駅までの短い距離ですが、楽しんでます。(駅まで約2.5K)



さてさて、昨日の続きです。
五人の集団ポタリングは、流山橋から江戸川CRを北上します。
やや追い風を利用して快調に進み、目的地の関宿城に到着しました。

⑩関宿城到着

まだ9時30分です。

T.Aさんからの提案で、渡良瀬遊水池を目指す事になりました。
ただのオヤジは、集合場所まで約20Kを自走しており、すでに60Kを走っています。
T.Aさんに確認したところ、関宿城から渡良瀬遊水地まで約20Kとの事、
以下、独り言です。
「なっ、なに、そうすると片道80K」
「×2でトータル150Kオーバー??」
「脚がもたないよな〜」
「ついていけるかな〜」
「解散後は家まで辿り着けるかな?」orz

って思いましたが、
自虐的に「行きましょう」って答えていました。

いよいよ、“ゆるポタ”のはずが“ロングライド”になりました。


関宿城で各自飲み物を補給し、渡良瀬川に向け出発します。
ただのオヤジには、関宿城から先は未知の領域です。

鬼が出るか邪が出るか!!・・・なんと大袈裟なただのオヤジでしょう

またまた、T.Aさんを先頭に隊列を組んで走ります。
そういえば、araitaさんの部下のO君もしっかりついてきてます。
ロード初心者とは思えない快走です。
KUOTA恐るべし!て言うか、ビンディングペダルでないのに、凄い!
若さゆえ〜! 近いうちに千切られるはず!

利根川から渡良瀬川を走り、あっという間に渡良瀬遊水地に到着しました。
谷中湖ともいいます。ハート型の人口湖です。

⑯渡良瀬遊水地  ⑰渡良瀬遊水地2

湖の真ん中の橋?道?を渡り、地図の左側の週回路を半週しました。
実は、ただのオヤジは、「乾坤一擲」真ん中の道で時速42Kを記録、平地では過去最高かな?

週回路は、人も少なく、結構スピードが出せます。
剛脚のT.Aさん、ニューマシン・コルナゴCLXのaraitaさん、
これまたニューマシン・KUOTAの部下のO君の三人がガシガシ行きます。

ただのオヤジは売り切れでした。
TOMYさんとマイペースで、ゆるポタを楽しみました。

この日は、小・中・高校の駅伝大会が行われていましたので、正面は人・人・人でした。

時刻は11時過ぎです。
朝から約80Kのロングライド(と呼ぶのはただのオヤジだけ・・・)で燃料切れです。
すぐ近くの「道の駅きたかわべ」で早めの昼食タイムです。

⑱2道の駅きたかわべのレストランいな穂

「レストランいな穂」で食事をします。

⑱3道の駅きたかわべ

ちゃんと自転車置き場がありましたので、5台仲良く駐輪させていただきました。

⑱1うどん&豚バラ丼

ただのオヤジは「温かいうどん&豚バラ丼のセット」を食しました。
うどんは手打ちですが、味は普通でした。

食後は、休憩所でコーヒータイムです。(多分誰もコーヒーは飲んでないと思いますが・・・)
そこで、自転車談義に花が咲きました。
自転車に嵌ったキッカケとか、坂の話とか、新車の話とか、etcです。
こうゆう会話は、すごく楽しいです。
愉快な仲間ができ、ただのオヤジは大変喜んでいます。


時間は過ぎ、帰路に向け出発します。
とりあえず、関宿城を目指します。

往路は、軽い追い風でしたので、向かい風かなっと思っていましたが、
ほぼ無風状態ですので、ガンガン行きます。

あっという間に関宿城です。
ここで、TOMYさんの提案で集合写真を撮ることにしました。(ナイスTOMYさん)

⑱帰り関宿城集合写真  ⑲帰り関宿城集合写真2

ここで皆さんのマシンを簡単に紹介します。

⑳COLNAGO_CLX_araita

まずは、araitaさんのニューマシン「COLNAGO_CLX」です。言わずとしれたイタリアンバイクの
名門コルナゴ社が誇るカーボンフレームの雄です。ホワイトカラーがとても美しく塗装がキレイです。
しかも骨太で男の臭いがします。

⑳GIANT_TCR_TOMY

次は、TOMYさんのマシン「GIANT_TCR」です。ホワイトカラーにレッドのアクセントが効いてます。
珍しいSRAMのコンポを搭載しており、とても美しいマシンです。

⑳KUOTA_KHARMA_O君

3番目は、部下のO君のニューマシン「KUOTA KHARMA」です。シートチューブのクビレが魅力的です。
いかにも走りそうなレーシーなマシンです。ホワイトカーボンがいい! 新車はいい!

⑳TREK_MADONE_TA

お次は、T.Aさんご自慢の「TREK MADONE」、一見するとブラックに見えますが、実はグレー色です。
TREKの文字がブラックになっておりシブイ(大人の香りがプンプン漂ってます)、コンポはアルテです。
剛脚に相応しい1台ですね。

⑳Fausto_COPPI_ただのオヤジ

最後に一応紹介しますね。ただのオヤジの「Fausto COPPI」です。昔、ツールで優勝した人の
名前だそうです。自力で組み上げました、コンポはカンパ・ケンタウル中心です。


と、記念撮影も終わり、流山橋を目指し江戸川CRを南下します。
途中、結構な横風にあい、若干のスピードダウンはありましたが、概ね順調に走りました。

一気に利根川運河分岐点に到着、ここでTOMYさんとお別れしました。自走で帰宅されました。

残りわずか・・・ここで、部下のO君がちょっとへばってきました。
無理もありません、ノーマルペダルでよく頑張りました。
きっと、あと少ししたらただのオヤジは千切られます。

流山橋に到着しました。14時30分くらいだったでしょうか??

ここで解散です。

T.Aさんは、橋を渡って埼玉方面へ。
部下のO君は流山方面へ。
araitaさんは、車を近くに止めてありますので、そちらに向かいます。
ただのオヤジは、そのまま江戸川CRを松戸方面へ走ります。

⑳解散後松戸から一般道へ

松戸有料道路付近です。(今も有料かな?)
ここから、一般道でららぽのある街へショートカットです。


帰宅は、何故か18時くらいになりました。

あれっ!こんなんありますけど???

IMGP1101.jpg



<今回のルート>



<今回の走行記録>
◆走行時間 7時間18分
◆走行距離 169.8km
◆AVE  23.2km
◆MAX  42.2km
◆ODO  1,038km


ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

ポタリングのはずがロングライド?? (前編・・順調な関宿城まで)

今朝は寒かったです。
天気予報によりますと、ららぽのある街の本日の予報は(晴れ)で最高気温は8度ですが、
最低気温は な、なんと-2度ではありませんかorz
どうりで寒いはずです。
寒さに負けずに、今朝もルンルンジテ通です。
またまたですが、寒かったです。ハイ!

IMGP1294.jpg  IMGP1296.jpg

通勤R3号です。
しかし、汚いです(汗)
年末大掃除は、いつしますか?ただのオヤジさん…


大掃除はさて置き、日曜日は気の合う仲間と走りに行ってきました(-^〇^-)

きっかけは、このブログからです。
先週(12月4日)のブログ、タイトル「冬支度をしました」の中の最後に書いた、
「さぁ?、週末は出動だ!!」の一言に、T.Aさんに反応頂きました。
「週末は何処へ行く予定?」に返信しました。
ただのオヤジは「江戸川CRを遡上し関宿城あたり」と答えると、ちょうどいい方角だったみたいで、
なんとなくご一緒しましょうと言う事になりました。ルンルン(一人旅よりはいいですから・・)

T.Aさんが、先日の走行会でご一緒したメンバーにも連絡頂き(T.Aさん有難うございました)、
結果、T.Aさん、araitaさん、araitaさんの部下のO君、Tomyさん、ただのオヤジ、
の5名でのポタリングに相成りました。

ishitakaさんは所用がありキャンセル、イナジイさんも距離が遠すぎて断念、次回は宜しくお願いします。

当日は天気も良さそうですし、メンバーも揃って楽しい一日になりそうです。

更に、araitaさんのニューマシン「COLNAGO CLX」&部下O君のニューマシン「KUOTA KHARMA」が
デビューするとのことですので、楽しみは倍増します。
 ・・・自分のマシンじゃないのに何故か興奮するただのオヤジです。

COLNAGO_CLX.jpg  KUOTA_KHARMA.jpg


集合時間は8時、集合場所は流山橋下(千葉県側)です。



ということで、当日の朝です。

起床5時30分
出発6時30分

①出発  ②ライト装着

朝はライトが必要と思い準備してきましたが、すでに明るくなり始めています、
ですが念のため点灯して行きます。

結構、冷え込んでいましたが、「冬支度」のおかげで快適です。
特に、ウィンドジャケット+ビブタイツ+シューズカバーのトリオに、T.Aさんアドバイスの「耳あて」、
ishitakaさんアドバイスの「マスク」は威力を発揮し、あまり寒くありません・・やはり準備は大切ですね・・

③シューズカバー


いつものように、ららぽのある街から江戸川CR行徳橋を目指します。

④行徳橋  ⑤東京スカイツリー

朝早くは空気も澄んでいて、気持ちいいです。
スカイツリーもきれいに写ってます(上手な人が写すと、もっと綺麗なはず・・・)

今日は、冷え込んでいますので、いつもよりラン人口が少ないような・・

⑥ラン少ない

江戸川CR左岸(千葉県側)を北上します。

⑦市川橋

これまた、いつもの市川橋(今日は橋下を通過しました)です。

珍しく、JR総武線を撮ってみました。(たまたま電車が通っていたためです)

⑧JR総武線


写真を撮りながら進みましたので、思ったより時間がかかりました。
ですので、ここからは急ぎます。(遅刻するわけにはいきませんから)
という訳で、ここからは写真がありません。

流山橋を目指して、北総鉄道・葛飾橋(松戸)・松戸有料道路(昔は有料でしたが今は??)・TRX○○橋と
一気に通過していきます。

流山橋下に到着したのは、集合時間約5分前の7時55分です。
すでに、araitaさん、araitaさん部下のO君は到着していました。

早速、両者のニューマシンを見せていただきました。

コルナゴCLXは中古フレームとのことでしたが、大変綺麗で新車同様です。
特に塗装が綺麗で美しい!

一方、KUOTAカルマはいかにもレーシーな雰囲気を醸し出していました。

どちらもいい!! カーボンは素敵だ!! 早くカーボンバイクが欲しい!!
物欲の止まらないただのオヤジでございます。


話は戻りまして、araitaさん、部下O君と話しこんでいると、8時ジャスト(計ったように)にT.Aさんが、
愛車TREKマドンを駆って到着しました。

もう一人、Tomyさんが利根川運河合流点で待っていますので、
挨拶もそこそこに四名で隊列を組んで出発します。

⑨ライド出発


利根川運河合流点には15分ほどで到着しました。
T.Aさんに轢いていただきましたが、とにかく剛脚ですので早い(笑)
本人の自己申告通り、時速40kmは出ていたでしょうか?(爆)

TOMYさんも、自宅から自走してきてまして、我々の到着とジャストタイミングで到着されました。

合流後、ただのオヤジのわがままで、トイレ休憩をしていただきました。
近くにトイレがないため、土地勘のあるT.Aさんに引っ張ってもらい、近くのコンビニで用を足しました。
皆様、スイマセンでした!

それから、玉葉橋まで戻り江戸川CRに復帰しました。
5人で隊列を組み、一気に目標地点である関宿城を目指します。
先頭はT.Aさん、次に部下のO君、araitaさん、ただのオヤジ、と続き、殿はTOMYさんです。

ほぼ無風状態、いやむしろ追い風気味でしょうか、順調すぎるくらいのペースです。
自分の実力が上がったような錯覚をする、ただのオヤジでした(*^^)v

8時に流山橋を出発し、途中トイレ休憩でコンビニに寄ったにも関わらず、
9時30分くらいには関宿城に到着しました・・・はやっ!!

⑩関宿城到着

詳しくは、TOMYさんのブログに書いてますが、リカンベントが休憩してまして、
見学させていただきました。
前はハロウィンバージョンで今回はクリスマスバージョンとのことです。

⑪リカンベント  ⑫リカンベント2

楽しそうですね!

⑭駐輪

本日のメンバー5台が駐輪場に止まっています。

⑮遠くに筑波山

天気も良く、遠くに筑波山も見えます。(ちょっと見えにくいですね)

今日の走行は片道約50kmちょっとですので、往復で100km超えです。
時間が早いのと風がないのと、更にニューマシンが2台と条件は揃っています(何の条件だ・・・?)
T.Aさんから提案がありました。
「この先、利根川から渡良瀬川に入り、渡良瀬遊水地に行きませんか?」
ただのオヤジは、最初は「えっ!」とだけ返事しましたが、皆さんの目が星飛雄馬の様に
なっているではありませんか・・・・笑

ただのオヤジもスキモノですから、ちょっと考えましたが、OKしました。

ということで、ただのポタリングがロングライドに変わりました・・・つづく




ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

冬支度をしました

最近、雨が多いです。今日も午前中は雨でした。
週末は?
天気予報によりますと、土曜日も日曜日も曇りのちみたいです。
しかし、気温はグッと下がり、最低温度は1度みたいです。

さてさて、こんな段ボール箱が到着しました。



先週の苦行ポタリングでの教訓を受けて…ではありませんが、
ローディーになって、はじめての越冬です。
夏場は、服装のことはあまりきにしませんでしたが、
さすがに冬となると、広島生まれのただのオヤジには寒さが応えます。

そこで、ローディー御用達のWiglleさんにお世話になりました。
ただのオヤジは、二回目の利用になります。

それでは、中身をご紹介します。
まずは防水ジャケット

サソリマークで有名なCASTELLIのウォータープルーフジャケット、サイズはM。
これで急な雨にも対応出来ます、風には???
逆さまでスイマセン!

次は、長袖ジャージ

NORTHWAVEロングスリーブジャージ
サイズS
安かったです、暖かいかはわかりません (笑)


カンパニョーロ ビブタイツ、サイズM
作りもしっかりしていますし、なにより暖かそうです。期待の一品です。


NORTHWAVE ビブショーツ 7分丈
サイズM
冬場の暖かい日用



カンパニョーロ アームウォーマー
サイズM
ちょっと、欲しかった品です。



カンパニョーロ オーバーシューズ
サイズL
防水仕様です。寒い足元も大丈夫かな?


GOREアンダーグローブ&NORTHWAVEソックス
割引きを受けるための調整です。

あと、ららぽーとに家族で出掛けた際に、GETしました


モンベルとノースフェースのグローブ、アウターとインナーです。


ということで、沢山の買い物をしてしまいました。
齢を重ねても物欲は止まらない、ただのオヤジでした。

さぁ~、週末は出動だ!!

ニューチャリとポタリング

今日は、先週の10Kラン終了後の膝痛影響により、完全休養日としました。

午前中は、会社のPCでお仕事です・・・疲れますね・・はあっ

午後は、自分のPCのメール整理と10月から通っている歯医者に行きました。
軽い歯槽膿漏とのことですので、治るまで2週間に1回のペースで歯医者に通います。
今まで不摂生していましたから、自業自得ですね。頑張って治療します。


ところで、tawagotoさんのブログに刺激された訳ではないですけれど(たぶん刺激されていないはずですが・・)、我が家にミニベロなるものがやってきました。

000GIANT IDIOM 1

「GIANT IDIOM 1」くんです。

<スペック>
フレーム       ALUXX-Grade Aluminum OLD130mm
フロントフォーク   Aluminum, Cr-moコラム
BBセット      VP BC73 113-68mm
ギアクランク     Aluminum 42/52T 165mm
チェーン       SHIMANO HG53
Fディレーラー    SHIMANO SORA 直付用+34.9クランプバンド
Rディレーラー    SHIMANO SORA
シフター       SRAM ATTACK TWISTER 9S
ブレーキセット    TEKTRO ROAD
ブレーキレバー    TEKTRO
カセット       SHIMANO HG50 9S 11-25T
ヘッドセット     VP セミカートリッジ
ハンドルバー     Aluminum 25.4 540mm
ハンドルステム    Aluminum 25.4 75mm & Folding
サドル        GIANT PERFORMANCE LITE
シートピラー     Aluminum 30.9x400mm
シートクランプ    Aluminum 34.9 QR
ペダル        Aluminum CAGE LITE
Fハブ        Aluminum 20H
Rハブ        Aluminum 24H
リム         GLM CR55 20H,24H
スポーク       Stainless 14G
タイヤ        KENDA KONTENDER 20x1(451)
チューブバルブ    仏式バルブ
付属品        ベル

だそうです。GIANTホームページから

ということで、我が家のミニベロIDIOM号です。

GIANT IDIOM

もちろん中古車です・・・酔った勢いで、ヤ○○クでポチッとしてました・・反省!!


今日は車の修理があり、チャリを車載しディーラーへ車を預け、それからポタリングに出発の予定です。
天気予報では、朝のみ曇であとはということです。
「ミニベロIDIOM号」の記念すべき初乗りになるはずでしたが・・・とりあえず出発します。

002アンテナ折れる
ご覧の様に車のアンテナがポキッと折れてます。ここの修理のためディーラーへ行きます。

003IDIOMとFJ
ミニベロIDIOM号とマイFJのツーショット・・写りが悪いです


このあとディーラーへ出掛け、さっさと車を預けます。
アンテナのネジが奥の方で折れているとのことで、時間とお金が掛かりますorz

ちょっと、曇り空ですが天気予報を信じポタリングに出発します。
3〜4時間で帰れる距離ということで、ロードですと50K以上となりますが、小径ですので50K未満の距離を
選択します。

小径と言えばtawagotoさんが以前、20インチのタイヤサイズの事をブログに書いていらっしゃいましたが、
ただのオヤジのミニベロIDIOM号のタイヤサイズは、「20×1(23-451)」とタイヤに書いてありました。
2種類あるそうなので、予備を揃えるときはサイズを間違わないようにしないといけません。

行き先は、印旛沼方面としました。
ららぽのある街から、成田街道(国道296号)を成田方面に向かって進みます。

004成田街道(国道296号)

気温はやや低めでしたが、ウインドブレーカーを着ていますので、結構快適に走ります。
やはり小径ですから、ロードと比べるとスピードが出ません。
脚のないただのオヤジは、ロードで平均20〜25Kですが、おそらくミニベロでは15〜20K平均ではないでしょうか? まだサイコン等を付けてませんので、わかりませんでしたが・・・

印旛沼に到着する前に、城址を発見しましたので立ち寄ります。

005臼井城址① 006臼井城址② 007臼井城址③

臼井城址です。
千葉氏の一族である臼井六郎常康がこの地に居を構え、臼井氏の中興の祖といわれる興胤(十四世紀中頃)の代に、城の基礎が置かれたと伝えられている。(抜粋です)

朝の10時30分くらいでしたが、肌寒くもあり、誰もいませんでした。
ここで用を足しました。

臼井城址を出発し、すぐに印旛沼に到着しました。

008印旛沼到着  009印旛沼

写真でお分かり頂けると思いますが、ますます雲が重たくなっているようなので、
印旛沼CRをぐるっと回ろうかと思っていましたが、新川を花見川CR方面へ向けて走ります。

010印旛沼CR  011印旛沼CR②

印旛沼CRは道幅が狭く、路面もややデコボコが目立っております・・手賀沼と比べたらいけませんね

012印旛沼CR③

ここで、写真でもわかるように少し太陽が覗いてきました。
うわっ!さすが天気予報さん・・これからは晴れるよね・・風はあるものの絶好のポタ日和じゃん うっしっし!

印旛沼CRとお別れし、新川沿い(新川CR?花見川CR?)をゆっくり走ります。

013新川沿い①  014新川沿い②

途中の神尾橋を通過します。

015新川・神尾橋

道の駅八千代に到着しました。

016道の駅八千代・千本桜  017千本桜植樹記念碑

このへんは桜がたくさん植えてあるみたいです。
春に来ると綺麗でしょうね!

道の駅でランチタイムと思っておりましたが、何だか雲行きが
したがいましてランチ抜きで出発です。

更に新川沿いを進みます。

018変な橋

途中で、変わった形の橋?が見えてきました。 近寄ってみます。

019吊り橋

階段を10段くらい登ってみると、なんと吊り橋でした。
途中まで歩いてきましたが、全然揺れてませんでした。

020ゆらゆら橋

でも橋の名前は「ゆらゆら橋」です。なんのこっちゃ・・・

021大和田排水機場

    ↑

  大和田排水機場の上流側と
  下流側です

    ↓

022大和田排水機場

ここが、たぶん花見川CRの出発点あたりだと思うのですが、詳しいことはわかりません。
大和橋です。

023大和橋


ここから、花見川CRを一気に抜けて(と言っても、途中工事区間があったような・・・)、
幕張からららぽのある街まで駆け抜ける予定でしたが・・

またまた雲行きが・・・

ということで、成田街道を進むコースに変更します。

024成田街道

しばらくも走ってません・・・急に土砂降りとなりました。
幸いずぶ濡れになる前に、ちょうど雨宿りに最高の場所を見つけました。
店先に大きなテントがある、昔からある雑貨屋です。

025雨


ラッキーですが、写真はないです。

ここで、軽い食事と暖かい飲み物で雨宿りです。
しかし、なかなか雨は止んでくれません。
小一時間待って見ましたが、止むどころか、気温が下がり始めました・・・寒い・・ブルブル
iphoneで天気予報を見ると、「雪になるかも・・・」って出てました。
やばい・・・早く帰らないと・・・雪になるとどうなるの???

てことで、多少小降りになったのを見計らって、出発しました。
このあとは悲劇でした。

中古ですが、ニューチャリは雨でドロドロに
寒さで手足は感覚が無くなりました。

完全なる「防寒・防水」仕様を整える必要があるな・・・実感しました。物欲が・・・・・・・


2時過ぎに帰宅しましたが、朦朧としていました。(ちょっと大袈裟でした)

すぐに、暖かいお風呂に入り、さっぱりとしました。

おしまい


あれっ! 何か届いてる・・・

026wiggleから

wiggleからです。 うっしっし!!

次回につづく・・・


<本日のコース>走行距離46.9km



ポチッとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。